Amazon

うそ!?Amazonアカウントが閉鎖された時の話

AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
Amazonさん、嘘でしょ……。
ダンボー君
ダンボー君
いままでありがとうございました。

僕はAmazon転売は副業で運営していますが、すでにアカウントの停止や閉鎖(垢バン)も経験済みのAmazonセラーHiroshiです。

過去にAmazonのアカウント閉鎖(垢バン)の苦い経験があり、今現在はAmazonアカウントを3個ほど運営しています。

もちろん、全てのアカウントでの費用は発生します。

1ヶ月の運営費

大口出品(4,900円×3アカウント分)=14,700円

仮想ディスクトップ(4,190円×3アカウント分)=12,570円

毎月合計27,270円の費用が発生しています。

毎月3万円ほどの多額の費用を発生させても、Amazonアカウントを複数運営している理由は、Amazonアカウントが閉鎖(垢バン)された時に、Amazonのサブアカウント運営の必要性を感じました(遅すぎですが)

今回はアカウト閉鎖(垢バン)の経験をブログに書きたいと思いますので、あなたのお役に立てていただき、僕を反面教師にして僕と同じ失敗をしないでくださいね(笑)

ではいってみよう!

Amazonアカウントが閉鎖

Amazon閉鎖までの流れ

  1. 出荷遅延でAmazonアカウント停止
  2. 出荷遅延に対しての業務改善計画書を提出
  3. Amazonスペシャルアカウントチームに却下される
  4. Amazonから死刑宣告(アカウント閉鎖のお知らせ)
  5. 業務改善計画書を再び提出
  6. Amazonスペシャルアカウントチームに却下される
  7. さらに業務改善計画書を再び提出
  8. さらにAmazonスペシャルアカウントチームに却下される
  9. Amazonアカウントを断念
  10. 新規アカウント運営をスタート

僕の場合は突然の死刑宣告(Amazonアカウント停止)ではなく、一度アカウントが停止しました。停止の時に業務改善計画書が必要になりますので、Amazonスペシャルアカウントチームに提出したところAmazonアカウントが削除(垢バン)されました(泣)

出荷遅延でAmazonアカウント停止へ

僕の場合はAmazon顧客満足指数の低下でAmazonアカウントが停止処分になりました。

停止から17日以内にAmazonに改善計画書を提出して、それが認められればアカウント停止を解除することができます。

僕の場合もAmazonスペシャルアカウントチームに業務改善計画書の提出が求められました。

出荷遅延に対しての業務改善計画書を提出

改善計画は下記のテンプレートを使用します。

1.今回発生した規約違反の内容:
2.今回発生した規約違反の原因:
3.同じ違反を起こさないための具体的な対策:
4.対策を実施した場合の効果:
5.対策の実施期日:○年○月○日までに実施
6.対策の効果が見込まれる時期:○年○月
7.対策を実施する責任者氏名:
*チェックを入れてご提出ください。
( )マーケットプレイス参加規約、および出品規約のページを確認し、理解しました。
( )本業務改善報告書の内容について虚偽がないことを確認しました。

Amazonスペシャルアカウントチームは、アカウントの停止・閉鎖の理由などは一切非公開です。

あくまでも僕の推測ですが、購入者の評価レビューが悪すぎてアカウントが閉鎖(垢バン)された可能性があります。

その当時は、アカウントの評価レビューの重要性がわからずに運営していたので、購入者や同業者から嫌がらせの悪い評価を残していました。実は悪い評価などは削除や削除依頼が可能です。特に、同業者からの嫌がらせレビューなども悪質でした。

ちなみに今現在は、悪い購入レビューが書き込みされましたら、速攻で削除依頼して消しています。

Amazonスペシャルアカウントチームから閉鎖宣告!

Amazonアカウントが停止されたので、業務改善計画書を提出後にこのようなメールが届きました…

このメールを受信した時は、頭の中が真っ白に(笑)

めげすに業務改善計画書をAmazonスペシャルアカウントチームに提出!

このメールに強烈な文章を発見!

『またこの件に関しEメールをさらに送信いただきましても、返信を差し上げない場合もございますのでご了承ください。』

ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル

この内容を見た時に新しいアカウントを作成して再出発を決意(笑)

Amazonアカウントが閉鎖されるとどうなるの?

アカウントが閉鎖(垢バン)されるとデメリットだらけです。

  • 売上金がストップされ入金されない
  • 商品が販売できない
  • AmazonFBAの荷物が戻ってくる

僕の場合は、Amazonの売上金がストップで売上金も保留になり入金されませんので、クレジットカードの支払い(仕入れで使用のカード)はリボ払いで対応しました。

この当時はAmazonアカウントを複数運営することが、無駄な経費だと思っていました。冒頭でも書きましたが、Amazonアカウントを3個運営すると、毎月合計27,270円が発生します。

再スタートする時はAmazonの複数アカウントの重要性がわかり、とても悔しい思いをしたので、同じ失敗をしないように心がけて運営することを目指しました。

Amazon複数アカウントの使い分け

Amazonアカウントを複数運営するメリットは、アカウント閉鎖(垢バン)の保険もありますが、ライバルセラーから利益を守る効果もあります。

僕のアカウントの役割を見ていただきたいのですが、

  1. 1個目⇒相乗り出品専用のアカウント(薄利)
  2. 2個目⇒新規出品専用アカウント(巨利)
  3. 3個め⇒新規事業用アカウント(友人と共同で運営)

1個目は相乗り専用のアカウントで、薄利多売のアカウントです。目立つ商品、ランキング上位商品はこのアカウントで売っていきます。

2個目は新規出品専用のアカウントで、巨利の商品だけ(利益は最低1500円以上)を扱っており、1個目のアカウントとは別の商品を売っています。またライバルセラーからの相乗り防止にも繋がり、毎月安定した売上や利益を出しています。新規出品とありますが、これはAmazonのカタログに載っていない商品を、僕がカタログに掲載して販売していますので、ライバル不在で販売してますので、販売利益が大きいのが特徴です。

3個目は新規事業用アカウントのアカウントで、最近立ち上げました。この案件は現在二人でやっていますので、あとで別記事で報告いたします。

パソコン1台でAmazonアカウント閉鎖は防げます

パソコンは1台だけで仮想ディストップを3契約で、Amazonの複数アカウントを運営できます。

この方法で運営すると多額の経費が発生しますが、アカウント停止、ライバルセラーの相乗り防止などの必要経費だと思って契約すること。だって、Amazonアカウントが閉鎖(垢バン)されたら地獄ですから^^;

まとめ

Amazonのアカウント閉鎖(垢バン)は、停止⇒閉鎖でもありえるということ。

下記の内容を意識すること

  • Amazon顧客満足指数の低下
  • Amazonの規約違反
  • アカウント審査になる原因
  • 閉鎖アカウントの紐づき

転ばぬ先の杖として、複数アカウントを運営することがオススメです。

そのためにはAmazonにバレない方法を知ることが大事。(※Amazonでは出品用のアカウントは1個だけしか持てない規約があります)

是非参考にしていてだき、Amazon転売で安定して稼げるようにしましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Amazon転売に必要なことを7日間に渡ってステップバイステップ方式で学べる講座を『完全無料』でスタートしました。

<特典1>12時間で年収3000万円を稼ぐスキーム

<特典2>Amazon転売で節税する方法とは?

<特典3>商品の仕入れ方法を動画で解説!

<特典4>無料skype相談30

<特典5>ポイントが貯まるクレジットカードとは?

<特典6>サラリーマンこそ副業をやるべき理由

<特典7>Amazonアカウントをサクサク作成できる動画

動画でわかりやすく解説してます(^o^)全て『完全無料』で学べますので、この方法で手っ取り早く稼いでください!

⇒登録フォームはこちら