Amazon

【保存版】Amazon商品コード(JANコード)を取得する方法

AmazonセラーHiroshiです。

読者さんよりご質問をいただきました。 

“読者さん”
“読者さん”
アマゾンに出品するのに、バイヤーズの商品、おもにファッション小物、帽子などを出品するのに、商品コードやJANコードなどがありません。商品登録は、どのようにしたらよいでしょうか?教えてください。よろしくお願いいたします。

新規登録するときに必要なものが、商品コード、JANコードが必須なり、コードがないとAmazonに登録ができないため販売が出来ません。

読者さんからのご質問は、販売したいけど商品コード(JANコード)がないので販売出来ない状態です。

今回の記事はノーブランドの商品登録時に必要なJANコードの作成方法について書いてみました。

この方法でたくさんノーブランド商品を出品してみましょう(^^)

それではいってみましょう!

Amazonの商品登録時に必要なJAN(EAN)とは何ですか?

まず始めに、Amazonで新規で商品登録をする場合は、JANコード(商品コード)が必須になります。製品コードとは商品に1個ずつ必ずある番号です。コードを識別するだけで製品を区分するために使われています。

JAN/EAN

JANコードは、日本の共通商品コードとして、流通情報システムの重要な基盤となっており、国際的にはEANコード(アメリカではUPCコード)として呼称され、世界100カ国以上で使用されています。EAN(European Article Number)は、米国外で生産された商品に使用される12-13桁からなる製品コードです。JAN(EAN)コードはメーカーコードと商品アイテムコード、チェックデジットにより構成されており、バーコードで商品の外側に表示されています。これら商品コードはカタログの品質向上や、商品の検索を容易にするなど小売業の経営管理をする上で重要なコードになります。JANメーカーコードは(財)流通システム開発センターが管理し、商品アイテムコードはJANメーカーコードの登録企業が設定、管理します。

引用:Amazon

ノーブランドの場合は商品に製品コード(JAN/EANコード)がありませんので、製品コード(JAN/EANコード)の免除申請を行います。 では具体的にやり方を解説していきます。

Amazonで製品コード免除を申請しよう

Amazonに出品する商品のバーコード番号(GTIN/UPC/EAN/JAN/ISBN)がない場合、こちらで免除を申請できます。

製品コード申請ページ⇒https://amzn.to/2xjitP9

※クリックするとwebに飛びます。

AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
申請したい商品の該当するカテゴリーを選び、ブランドのない商品はノーブランドとブランドの項目に記載しましょう。

製品コードを購入する方法

動画で紹介してました、GS1ジーエスワン事業者コードから購入する方法です。

GS1ジーエスワン事業者⇒https://www.dsri.jp/jan/

※クリックするとwebに飛びます。

<1>Eメールアドレスを登録する

登録完了までの流れ

  1. Eメールアドレスを登録する
  2. 申請フォームに入力する
  3. 登録申請料を支払う
  4. 登録通知書を受取る(登録完了)

Eメールアドレスを登録する

Eメールに届いたURLをクリック

重要事項を確認して同意する

<2>申請フォームに入力する

こちらの入力フォームに必要な情報を入力していきましょう(^^)

必須の入力項目

  • 事業者名(法人の場合は登記簿上の正式名称)
  • 英文事業者名(定められた英文事業者名がある場合のみ)
  • 代表者氏名
  • 法人番号(法人の場合のみ。個人や任意団体は不要。法人番号とは、国税庁から法人に通知される13桁の数字。
  • 事業者所在地、TEL
  • 担当者氏名
  • 事業者の業態・年商
  • GS1事業者コードの利用用途(例:JANコード)
  • GS1事業者コードを利用する商品のジャンル(例:タオル、加工食品、文房具など)
AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
申請料算定区分と年商の組み合わせにより登録申請料が決まるんです

申請料算定区分とは

【区分Ⅰ】年商の50%以上が「製造事業」、「自社商品の販売事業」の売上に該当する事業者
・製造事業とは、「モノ」を製造(加工)販売している事業をいいます。
・自社商品の販売事業とは、オリジナル商品・プライベートブランド商品(製造を外注しているものも含む)を取引先や消費者等に販売している事業をいいます。

 

【区分Ⅱ】年商の50%以上が「卸売事業」、「小売事業」、「サービス事業等」の売上に該当する事業者
・卸売事業とは、他社から完成品を仕入れ、加工せずに取引先に販売している事業をいいます。
・小売事業とは、他社から完成品を仕入れ、加工せずに消費者等に販売している事業をいいます。
※自社商品の販売事業は、区分Ⅰに含まれます。
・サービス事業等とは、サービス(無形の商品)を提供している事業をいいます。
(例)飲食業、ホテル、物流業、不動産業、エンターテイメント、広告・イベント業、金融・保険業、各種学校、電力・ガス・通信業、医療機関、官公庁等

引用:GS1事業者コード新規登録申請

申請料算定区分の部分ですが、単純転売の売上が50%以上でしたら、区分Ⅱを選択しましょう!

12,960円で登録できちゃいます。

年商を3000万で計算してみましたが、ランクFで12,960円で登録申請料金が必要とのこと。

12,960円=ノーブランド商品が出品できる

正直安いと思う金額なので、この金額でノーブランド商品をジャンジャン出品しましょう(^^)

年商1億円までは12,960円で登録ができます。

アイテム数と業種を選択する

AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
赤枠をチェック、小売業を選択しましょう

項目は3個まで選択する

AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
出品したいカテゴリーを3個まで選ぶ

確認画面で間違いがないか最終チェック!

AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
問題なければ矢印の部分をクリック

<3>登録申請料を支払う

AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
銀行振込・ペイジー支払い・コンビニ払いを選択しよう

<4>登録通知書を受取る(登録完了)

入金の確認後、申請内容に不備が無ければ、約7営業日でGS1事業者コードが記載された「GS1事業者コード登録通知書」が普通郵便(転送不可)で届きます。

まとめ

ノーブランド商品をAmazonで出品するときは、商品コードがないとAmazonに登録(販売)ができませんので、商品コードを申請して取得する必要があります。

商品コードの登録申請料は、年商1億まで12,960円で登録ができます。

今回はノーブランドの商品コード取得する方法を紹介しましたので、この記事を参考に申請してみてください(^^)

Amazon転売に必要なことを7日間に渡ってステップバイステップ方式で学べる講座を『完全無料』でスタートしました。

<特典1>12時間で年収3000万円を稼ぐスキーム

<特典2>Amazon転売で節税する方法とは?

<特典3>商品の仕入れ方法を動画で解説!

<特典4>無料skype相談30

<特典5>ポイントが貯まるクレジットカードとは?

<特典6>サラリーマンこそ副業をやるべき理由

<特典7>Amazonアカウントをサクサク作成できる動画

動画でわかりやすく解説してます(^o^)全て『完全無料』で学べますので、この方法で手っ取り早く稼いでください!

⇒登録フォームはこちら