Amazon

すぐに始められる!初心者のためのAmazonアカウント作成方法

AmazonセラーHiroshiです

Amazonの出品用アカウントの作成する事を大変だと思っていませんか?

実はとても簡単にアカウントが作成できちゃいます^_^

免許証、現行口座、電話番号、クレジットカードを準備すれば10分でAmazonアカウントが作成完了!

Amazonは審査が甘いので、楽天市場やYahooショッピングなどよりも簡単にアカウント作成ができます。楽天市場やYahooショッピングなどは審査に時間もかかるし、審査が厳しく初心者が出店できる可能性は極めて低いです…^^;

今回の記事はAmazonのアカウント作成に必要な書類や、アカウント作成方法を記事にしてみましたので、是非参考にしてくださいね。

Amazonアカウントの作成に必要な物

まずアカウント作成に必要なものがありますので、準備して登録に挑みましょう!

必要なもの

  • 銀行口座
  • 電話番号
  • 住所
  • 店舗名
  • クレジットカード
  • Eメールアドレス

アカウント作成にはクレジットカードは必要

Amazonアカウント作成時に、クレジットカードは必要で、デビットカードやAmazonギフトでは登録は出来ません。

クレジットカードを持てない=その人物は問題あるかもって思われます。

クレジットカードは必須アイテム。そもそも破産者や、支払いが未納の人はクレジットカードが持てないですよね…

出品を検討されているのでしたら、年会費無料のクレジットカードを準備しましょう。

Amazonに登録する電話番号

この登録する電話番号は公開される電話番号になりますので、購入者さまから連絡がきてしまいます。なので、プライベートの番号は登録しないことが大事です。

私用とビジネスがゴチャゴチャになると大変ですからね^_^

僕のオススメは月額0円で利用できIP電話がオススメ!

Googleの検索窓で『IP電話 050 無料』で検索してみてください(^^)

楽天やNTTなどもサービスを提供していますよ。

Amazonで掲載される店舗情報とは

  1. 店舗名
  2. 会社住所
  3. 運営責任者名
  4. 電話番号

こちらの4点が必要になりますが、審査時に特別書類は必要ありません。

ただし、ランダムに身分証の提示を要求されることがあります。確認事項は店舗情報に記載した住所や名前銀行口座などと申請内容と照らし合わせます。

この情報はお客様から見える情報になりますので、プライバシーが気になる人はバーチャルオフィスなども検討してみましょう(^^)

バーチャルオフィスでは書類などを受けっていただくこと、電話対応をしていただけるサービスもあります。もちろんバーチャルオフィスの住所を、Amazonの店舗情報に記載してもも問題ありません(^^)

Googleの検索窓で『バーチャルオフィス』と入力して検索してみてください。大量に出てきますよ(^^)

バーチャルオフィスは、本人確認が終了後に住所を変更すること。本人確認が終われば、名義変更や住所変更をしても、Amazonからの確認はありません^_^

Amazonに出品アカウントを作成する手順

次に登録する方法を解説いたします。

アマゾンの登録プランには小口出品と大口出品の2種類あります。

小口出品⇒月額無料+販売手数料+1商品が売れるごと100円

大口出品⇒月額4,900円+販売手数料

<ステップ1>今すぐ登録するをクリックします

Amazon出品サービスページ⇒https://services.amazon.co.jp/

※クリックするとwebに飛びます。

<ステップ2>Amazonアカウントを保有してるならAを選択。新規の場合はBを選択してください

すでにAmazonアカウントを持っている場合は、Aからログインしてください。

アカウントがない場合は、Bから新規で登録を行います。

<ステップ3>新規でAmazon出品アカウントを作成する

  1. 名前
  2. Eメールアドレス
  3. パスワード
  4. 画像の文字

この4項目を入力をしましたら、『Amazonアカウント作成』ボタンを押してください。

<ステップ4>Amazon出品用アカウントの設定

  1. 移住国/事業所の国とは、販売するエリアになるので日本を選択します。
  2. 正式名称を入力

※正式名称とは、法人の場合は登記簿上の名称を、個人出品者の場合は戸籍上の氏名または 商業登記簿に記載された商号を入力します。

<ステップ5>出品者情報を入力する

  1. 店舗名(Amazonで表示される名前)
  2. 住所(Amazonで表示される住所)

<ステップ6>電話で認証を受けるケース

次は電話番号を使用して認証確認を行います。

IP電話のサービスでは認証が出来ませんので、『090、080で始まる電話番号』もしくは固定電話のいずれかで登録してください。

登録するとPIN番号を伝えられますので、その番号を入力してください。

<ステップ6>SMS(ショートメッセージ)で認証のケース

ショーメッセージは090、080で始まる携帯番号でしか登録できません。

登録するとメッセージにPINコードが届きますので、入力して完了です。

<ステップ7>運営責任者名と自社サイトのURL

  1. 担当者名を入力
  2. 販売サイトを入力

※販売サイトがなければ未記入でOKです

<ステップ8>クレジットカードの登録

  1. クレジットカード番号
  2. 有効期限
  3. クレジットカードの名義をローマ字表記で入力

<ステップ9>商品情報の入力

このページは赤枠のスキップでOKです!

<ステップ10>登録完了メールが届いたら終了です

merchant-notifications@amazon.co.jpから「Amazon出品サービスへようこそ!【必ず お読みください】」という件名のメールが届いたら終了!

<ステップ11>Amazonセラーセントラルの管理画面から銀行口座を登録ページに移動

赤枠の部分をクリックして銀行口座の登録ページへ

銀行口座を登録しないと売上が入金されませんので、忘れずに登録しましょう!

<ステップ12>銀行口座の情報を入力しよう

<番外編>追加で審査があるケース

全て登録が終わったとしても、Amazonの管理画面に『出品時に必要な書類を提出』とメッセージがあったりします。

これはAmazonがテキトーに選んで提出させているだけです(笑)

これがなかなか受理されなくてあせります(泣)

  • 国民ID
  • 銀行の取引明細書

いずれかを管理画面からデーターをアップロードして提出してください。

※クリックで画像が大きくなります。

このメールが届いた時はアマゾンからNGがでている状態ですので、諦めずに頑張ってクリアしましょう!

提出書類の印字が薄くて読めない場合でも、受理されないケースがありますので、はっきりと見えるものを提出しましょう。

まとめ

Amazonアカウントに必要なもの

  • 銀行口座
  • 電話番号
  • 住所
  • 店舗名
  • クレジットカード
  • Eメールアドレス

Amazonに登録する店舗情報

  1. 店舗名
  2. 会社住所
  3. 運営責任者名
  4. 電話番号

電話番号はプライベートの番号ではなく、月額無料のIP電話をオススメします。

Amazon出品プランは小口出品からスタートしましょう!

小口出品⇒月額無料+販売手数料+1商品が売れるごと100円

大口出品⇒月額4,900円+販売手数料

これから副業で稼いでみたい人は、チャレンジして見る価値はありますので、このブログを参考にAmazonに登録してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

Amazon転売に必要なことを7日間に渡ってステップバイステップ方式で学べる講座を『完全無料』でスタートしました。

<特典1>12時間で年収3000万円を稼ぐスキーム

<特典2>Amazon転売で節税する方法とは?

<特典3>商品の仕入れ方法を動画で解説!

<特典4>無料skype相談30

<特典5>ポイントが貯まるクレジットカードとは?

<特典6>サラリーマンこそ副業をやるべき理由

<特典7>Amazonアカウントをサクサク作成できる動画

動画でわかりやすく解説してます(^o^)全て『完全無料』で学べますので、この方法で手っ取り早く稼いでください!

⇒登録フォームはこちら