Amazon

Amazonの時代到来!これから副業するならコレだ

AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
ネット販売のWEBサービスが多いなー、Amazon、Yahoo、楽天市場、Qoo10、ポンパレなどなど…

販売するネットサービスが多すぎて迷ったりしていませんか?

Amazonの何がいいのか分からずに、参入しているAmazonセラーも多いのではないかと思います。

アマゾン以外で有名なサイトだと、楽天市場やYahoo!ショッピングなどが有名になります。すべての通販サイトで同時に販売している店舗さんも多いんですが、すべて中級者以上の店舗さんになります。

ぶっちゃけ、初心者にはチンプンカンプン(笑)

初心者にもわかるように楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazonのビック3の手数料、初期費用、集客力などを比較してみました。どのネット通販サイトで販売するか検討してみてくださいね。

それではいってみましょう(^^)

Amazon転売に必要なことを7日間に渡ってステップバイステップ方式で学べる無料講座をスタートしました。

一人で作業するのが不安な人、Amazon転売で利益が出せない人、最短に稼げるように『Amazon転売初心者向け7日間講座』で学んでみませんか?

あなたからのご参加をお待ちしております!

⇒登録フォームはこちら

Amazonの出品方法と出品手数料

まずはAmazonから調べてみました。

Amazonのここが最強だと思う部分は…

初期費用が安い!

これに尽きます。副業レベルで稼ぎたい人は、できるだけ少ない金額で新しいビジネスを立ち上げたいと思っています。もちろん、僕もそのような考えでスタートしたんですよねー。

だって成功するかどうかわからないものに、数十万を投資するのは嫌ですよね?

ちなみに中国輸入は、10万〜20万くらいないとスタート出来ません(笑)

僕の考えは初心者の人こそAmazonだと思っています。

Amazon出品手数料

月額の料金ですが、楽天市場では初期費用に数万円と、縛り契約がありますが、Amazonではそのような縛り契約はありません。

料金は2パターンあり、大口出品と小口出品により料金形態は変わってきます。

ダンボー君
ダンボー君
大口出品は月額4900円だよ
ダンボー君
ダンボー君
小口出品は売れた商品分だけ手数料が発生するよ

Amazon(FBA)の手数料

AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
Amazon(FBA)って何それ?
ダンボー君
ダンボー君
FBAとはフルフィルメントbyAmazon (FBA)の略語で‎、世界屈指の物流システムなんだよねー
AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
便利そうだね
ダンボー君
ダンボー君
倉庫に納品したら、あとは放置だよ

Amazon(FBA)の仕組みは、アマゾンの倉庫にあなたの販売商品を納品すれば、あとは自動で販売できる仕組みのことです。非常に便利ですが、手数料が高いのがデメリット。

Amazon(FBA)の料金は非常に細かく設定しています。商品の大きさにより保管手数料や配送料なども変動します。

Amazon(FBA)の金額計算は、荷物サイズや保管日数などにより変動しますので、原価計算が非常に複雑ですが、Amazon(FBA)の倉庫に納品すれば、注文受注から商品発送まで、すべてAmazonが代行する仕組みなんですね。

料金は自己発送より割高ですが、副業で時間の取れない人や、家事や子育てに忙しい主婦でもお手軽に販売出来るのが特徴です。

このお手軽さが人気の理由!

Yahoo!ショッピングの出品手数料

“ヤホー君”
“ヤホー君”
無料で出店できるよー
AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
でも審査厳しいよね?

Yahoo!ショッピングは、初期費用は無料で出店でき、販売手数料だけ発生するだけになり、費用は低めで運営出来るのが特徴なんですよ。

Yahoo!ショッピングは審査が厳しいので、初心者が出店できる可能性は低いです。僕自身も、Yahoo!ショッピングの審査に落とされ出店が出来きないという過去があります(笑)

それに加え集客力も弱いので開店閉業状態。

また、Yahoo!ショッピングは販売実績販の提出を求められるケースもありますので、初心者にはハードルが高すぎる印象だと思います。

出店審査のときに、販売実績や店舗サイトも提出を求めます。

楽天市場の出品手数料

“某市場関係者のパンダくん”
“某市場関係者のパンダくん”
初期費用はガッチリもらうよ!
AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
高いよー
“某市場関係者のパンダくん”
“某市場関係者のパンダくん”
料金は高いけど店舗ページできるよ
AmazonセラーHiroshi
AmazonセラーHiroshi
副業なんだけど…

楽天市場は、初期費用で多額の金額が発生します。

そして店舗により管理画面も面倒くさい(細かい設定)ので、とても副業レベルで運営できません。楽天市場で販売するタイミングは販路を拡大するタイミングです!

どうしても楽天市場、Yahoo!ショッピングでも販売したい場合は、amazonで実績を作ってから審査に挑んでください!

お店のサイトなども必須になるので、その辺も考慮する必要があります。

まとめ

Amazon 楽天市場 Yahoo!
初期費用 無料 高い 無料
審査 ゆるい ゆるい 厳しめ
月額・手数料 安い 高い 安い
入金サイクル 月2回 月1回 月1回
集客力 強い 強い 弱い

三社の比較表を見ていただくとわかるのですが、Amazonが圧倒的にコスパがいい!

入金サイクルが月に2回なので、運転資金が少ない人でも心強いですね(^^)

ビジネスを立ち上げの時は資金難のケースが多いのですが、月に2回も振り込まれるのは心強いです。

入金サイクルが遅いと黒字倒産の危険もあります。(※利益が出ていても、現金がなければ、経費などの支払いが出来ずに倒産すること)

下記の記事を読んでいただけますと理解が深まります^_^

僕が一番伝えたいことは、『まずは利益を出すことに集中する』

そのためには、無駄なものにお金を使わないことが大事になります。

例えば、どうしても輸入したい商品があるとか、仕入れしたい商品の最低購入数が100個以上になるとか…

初心者にありがちなミスは、こだわりが強すぎること。

こだわりを持つことはいいことなのですが、あなたのステージに合わせてこだわってください。

例えば利益が出ていない段階で、自分の好きな商品、販売したい商品ばかりを取り扱っていてもダメですよね?それでは安定して収入を得る可能性は低くなります。

商品仕入れにはある条件があります。(※ある条件について別記事で書きますね)

とにもかくにも、初期の段階でなるべくコストをかけないこと!

これを守ってくださいね。

ビジネスを成功させる為には、売上を上げることも大事ですが、それ以上にコスト意識も必要になります。

  • どんぶり勘定になっていないか?
  • 帳簿はつけているか?
  • きちんと利益は出ているか?

とりあえず、この3点だけは必ず行うことが重要!

少々話が脱線してしたので話を戻しますと、

あなたのステージに合わせてAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から選んで販売してください。

『日本企業で頑張っているから、楽天市場で販売しよう』とか、『ヤフオクが好きなのでYahoo!ショッピングで販売する』とかの理由では、出店しないでくださいね。

初期コスト、違約金、出品手数料、出店審査、カスタマーセンターの電話対応のトータルで考えると、Amazonしかありません!

是非、このブログを参考に検討してみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(^^)

Amazon転売でお悩みでしたらブログでお答えいたしますので、以下のお問い合わせフォームよりご質問を投稿してくださいね^_^

お悩み相談はこちらから